厳明主任研究琅琊山景区迎え検査業務

公開日:2019-08-08 ブラウズ回数:2178


8月6日午前、省市の文化と観光部門のテレビ電話会議の精神を徹底的に実行するため、琅山風観光地区党労働委員会書記、市琅管理委員会主任厳明研究員は琅琊山観光スポットを調査して闇訪問検査準備状況を迎えます。ガイド部(観光客センター)、酔っ払い亭片区、旅客輸送センターなどの部門の責任者と不動産会社の責任者が調査に同行します。厳明主任一行は観光客センターの駐車場、北門観光客センター、酔っ払い亭、同楽園などの観光客が集まるエリアと主要な観光スポットを実地に検査しました。



最後に、厳明主任は同楽園で現場事務会を開催し、各部門に山西喬家大院がナンバープレートを取られた深刻な教訓を汲み取り、こっそりと訪問して検査を迎えることを重視し、今回の調査によって提出された配置要求を実行するよう要求した。第一に、観光スポットの自己調査と改善の度合いを高めることです。琅琊山観光会社と不動産会社は5 Aを結合して、国家5 A級観光地の基準を厳格に照らして、観光スポットに対して全面的に検査して、一つずつ問題を解決して、サービスの質と環境の質を高めます。第二に、観光スポットの仕事状況月報制度を確立することです。琅琊山旅行会社は毎月の初めに先月の観光地の管理運営状況、観光客の意見を情報専門報告にし、琅管理委員会の指導者と主要責任者に報告して審査します。三つ目は琅山5 Aを書いて状況分析報告書を作成することです。琅琊山旅行会社及び琅管委5 Aは現在の全国5 Aの創建状況に合わせて、琅琊山5 Aを形成して状況分析報告書を作成します。第四に、観光スポットの環境衛生整備を定期的に推進することです。観光地区管理部、不動産会社は観光地区の環境衛生の日常の保養をしっかりと行う前提の下で、沿道の両側の枯れ枝の落葉に対して一週間に二回の掃除、河道の水面の両側の枯れ枝の落葉は一週間に一回の掃除をします。林業環境保護課、琅琊山林場は定期的に沿道、川沿いの水面の両側の木を検査して、枯れ木を取り除き、安全を確保します。第五に、観光スポットの緑化整備を真剣に行うことです。琅琊山観光会社は建設局とドッキングして、緑化会社を限定して一ヶ月以内に観光スポットの緑化改善を完成して、大芝生、桂花林などの緑化問題を徹底的に解決します。六は観光スポットの安全整備を全面的に展開することです。監督、巡回、安全員の三級安全巡視ネットワークを建立し、観光地区内のすべての商店の門点、すべての観光スポットに安全要員を設置しなければならない。不動産会社は元の安全警告板と標識板を全面的に洗浄し、泉などの安全上の危険がある地域に対して安全警告標識を追加します。



厳明主任は駐車場の車両案内管理、観光スポット内の全面禁煙、琅琊山東部、南部片区の知恵観光地区システム計画などに対しても要求を提出しました。