豊楽亭

公開日:2021-05-01 ブラウズ回数:2679


豊楽亭は琅琊山景勝地の最高海抜の豊山東北麓の幽谷にあります。安徽省の重点文化財保護部門であり、琅琊山国家重点風景名勝区の核心観光スポットの一つであり、面積は2.36平方キロメートルである。


山には有名な木種と漢方薬が数十種類あります。その中には数百年の古柏、古銀杏、古黄揚、古さくらんぼなどがあります。


長方形の三進亭院で、正門門門の額に嵌められていて、ジョが南太閤のたびに召された蕭崇業書豊楽亭。字は允修して、号は乾養して、雲南臨安は人を守って、原籍はまっすぐに上元に隷属します。隆慶五年辛未科進士、万暦十一年十一月、南京太僕寺卿を担当しました。ジョには多くの紀行文が書いてあります。「環ジョ十景記」、「遊酔翁亭記」、「遊豊楽亭記」、「遊重煕洞竜蟠琅琊」があります。


が境内に入り、花木が生い茂って、庭朗径が明るい。亭の右には天高くそびえる古銀杏があり、太いものが幾重にもあり、大きな実が鈴なりになり、亭亭は華の蓋のように、青煙のように鬱々としている。元亭は16立柱で軒先を上げている四方亭で、翼の角が高くて、翚斯のように飛んでいます。軒下は斗拱を飾りません。彩画を施さないで、全体の体は端正で質素で、霊動は落ち着いています。現在のあずまやは1996年に再建されました。亭の二壁には欧陽修の『豊楽亭記』と『酔翁亭記』の文が掲げられています。豊楽亭は欧陽修がジョに来て知州になった後の二年目で、北宋慶暦六年(西暦1046年)に自分で建築を主宰しました。その年は風向きがよく,五穀が豊かであった。また甘くてつややかな紫薇の泉があり、欧陽修は泉のそばの山腹にあずまやを立てて豊作を祝った。「豊楽亭記」を作り、「歳物豊成、民と共に楽しむ」という意味で亭名を命じる。近くにフィールドを作って、練兵の学校場として民兵を訓練して、自分で訓練状況を確認しました。


欧陽修は豊楽亭を建てた後、幕僚謝判官に花木を植えさせ、環境を美化させるように命じました。仕事の暇がある時には、欧陽修自身も先兵で、谷中や亭前に花を植えて植樹します。門前のこの雲柏は、欧陽修が自分の手で植えたもので、九百年余り経っても、依然として枝が生い茂り、雄壮で力強いです。陽春三月、欧陽修は四郷八鎮の民衆と一緒に、豊楽亭でぶらぶら歩き、「踏み花」を歌った。彼は「民と一緒に楽しむ」という意識でジョ州を治めて、ジョ州小郡の政通人と民衆が安居楽業に暮らせるようにしました。美化された豊楽亭を経て、柳緑花紅、春色に満ちて、景色が心地よいです。


の「花を踏む」は人々に愛され、長く伝わっています。数百年後の明代になると、豊楽亭の前にはまだ花を踏む楽しみがあります。


境内には「欧文蘇字」「豊楽亭記」の碑が二つあり、呉道子の絵観自在菩薩石刻像が一面に刻まれています。