琅々古寺

公開日:2021-05-01 ブラウズ回数:3796


全国の重点寺観の一つで、唐代の大暦六年(西暦771年)のジョ州は李幼卿と山僧法しんに刺されて建てられました。当時、李幼卿と仏しん坊は寺の草図を代宗に提出した前夜、皇帝の夢の中で寺の礼仏を見ました。翌日に図面を見ました。皇帝の大喜は夢の中の寺と一致しているといいました。後宝応寺は「勅賜琅山開化禅寺」と改名され、清朝嘉慶年間に皓清弁護士は「勅賜琅山開化律寺」と名前を変えました。弁護士とは、戒律を研ぐ法師で、琅琊寺は皓清弁護士から始まりました。1915年、達修弁護士が開化律寺を再建した後、山名が「琅琊寺」と呼ばれて今に至っています。