同じ楽園

公開日:2021-05-01 ブラウズ回数:8141



園名は欧陽修の『酔翁亭記』の中の「酔能同其楽」という意味です。

大門の西側の石に刻まれた書協主席の沈鵬書は「民と同楽」で、観光スポットは東西両院に分かれ、両院は亭廊で隔てられ、動静は適切である。

園内の真正面のがけの石刻に入って、それぞれ朱穆之が“尤聞酒香”を書いて、蕭閑は“本酒風流”を書いて、沈鵬は“清涼世界”を書いて、范はかつて“意不在酒”を書いて、蘇軾は琴曲“酔翁操”を作って、西側の崖の壁の上であります書道家の張凱帆の本“酔翁の意は酒になくて、山水の間を気にします”。崖の壁の下に一筋の水があり、睡蓮の片片の間に赤い魚が現れています。漢白玉小橋はその上に横たわり、天然桃源洞とつながっています。