酔翁亭

公開日:2021-05-01 ブラウズ回数:24921



蘇式飛軒亭閣、全木ほぞの卯構造、休山式、青瓦亭面、キス獣の伏尾根、彫梁画柱、十六本の柱が亭の頂を支えて、中間の4本の柱はジャカランダ聯を掛けています。

ジョ州酔翁亭、北京陶然亭、長沙愛晩亭、杭州湖心亭は「中国四名亭」で、「酔翁亭」は「天下第一名亭」という美名を持っています。

酔翁亭は北宋慶暦六年(西暦1046年)に建立されました。山中琅琊寺の僧智仙が欧陽修の学術文章と道徳人柄を敬い慕っています。その遊山のために興を助けて山麓に建設されました。欧陽修は号命亭の名前で、千古の名文「酔翁亭記」を作って覚えています。あずまやの側に石碑があります。「政風流享年豊のために、公務をあずまやにしても、泉香鳥語は相変わらずで、太守は何者か酔っぱらいのようです」。あずまやの東に南宋の摩崖石刻篆書「酔翁亭」という大きな字があります。