市長許継偉は琅琊山に深く研究し、5 Aの創建及び観光プロジェクトの建設作業を行います。

公開日:2018-11-20 ブラウズ回数:1962


11月19日午後、市委員会副書記、市長許継偉は琅山風観光地調査5 Aの創建及び旅行プロジェクト建設業務、市委員会常務委員、常務副市長金力、市政府秘書長焦義朝、市財政局、市交通局、市規建委員会、市観光局、市琅管理委員などの部門は主に同志の随行調査を担当します。


許継偉一行は前後して北門観光客センター、観光スポット遊歩道、酔っ払い亭観光スポット、同楽園観光スポット、観光トイレ、亭園プロジェクトとマラソンコースプロジェクトを調査しました。途中で琅管理委員会から5 Aの作成状況に関する報告を聞きました。


は酔翁亭の観光スポットで、許継偉は観光スポットの安全、参加性プロジェクトの建設などに対して指導的な意見を示しました。許継偉は、研学旅行市場の空間が広く、亭文化を深く掘り下げ、研学旅行をめぐって文章を作ります。同園の観光スポットでは、許継偉が中国名亭懇親会の準備状況及び『欧陽修知ジョ』の撮影と上映などの状況の報告を聞き、上記の仕事に対して明確に指示した。


亭園プロジェクトの建設現場で、プロジェクト建設、投資運営、マーケティング及び教習所の検査センターの移転などの状況を詳しく知ることができた許継偉は、亭園プロジェクトの運営前に各旅行社と社会メディアの座談と踏線を広く誘い、市場宣伝力を強め、後期プロジェクトの正常な運営のために雰囲気を作ることを希望しています。そして、教習所の検査センターに19年末までに分割移転を完了するよう要求しました。マラソンコースを踏査した後、許継偉さんはマラソンコースの建設と資金源などの状況を詳しく知りました。琅管理委員会は琅琊山観光スポットをめぐって新たに計画した飛越ジャングル、二道川漂流、山地マラソンコースなどのプロジェクトに十分に肯定しました。


調査の過程で、許継偉は関係部門に旅行の発展をめぐってサービス施設の計画をしっかりと行うように要求しています。観光地の周辺に農家の音楽などのプロジェクトを建設し、統一基準に従って規範管理を行い、旅行市場の分析をしっかりと行い、各種奨励措置を講じて、旅行社の積極性を引き出し、積極的に「大江北」に溶け込み、観光宣伝マーケティング力を強めます。南京などの周辺都市の観光客を引きつけて、ジョ州観光市場の発展を促進します。