琅琊山風観光スポットは「五老」を迎えて「創城」視察団を見ます。

公開日:2018-11-16 ブラウズ回数:3081


「五老」の役割を十分に発揮するために、広範な「五老」の注目、支持、参加、助力で城を創ることを動員して、市関工委員会の百人の「五老」が「創城」活動の第二組の13人の老同志を動員して、11月15日午前に、琅琊山風観光スポットを見学しました。市観光局の副研究員の黎国梁、琅管理委員会の副調査員の劉南川、市委員会の老幹部局などの関係者が付き添います。



視察団の一行は前後して北大門観光客サービスセンター、酔っ払い亭観光公衆便所と酔っ払い亭観光地区を見学しました。その後、琅管理委員会で文明創造座談会を開催しました。北大門観光客サービスセンターと酔っ払い亭の観光トイレを見学した後、古い同志たちは観光地区に新たに増加した各種のハードウエア施設と便利な人々の機能を賞賛しました。酒翁亭宝宋新斎の「酔翁亭記」の石碑の前で、劉南川は古い同志たちにこの観光スポットを建設する過程と逸話を述べた。


座談会で、老同志たちは「ジョ非絶色」の宣伝映画を見ました。黎国梁と劉南川は相次いで旅行業界が全国文明都市を創建する仕事状況、琅琊山国家5 A級観光地と全国文明都市の創建状況を報告しました。その後、老同志たちは相前後して発言して感銘を述べ、提案をした。黎田は、ジョ州のここ数年来の発展の過程を回想して、天地を覆す変化で、特に琅琊山、“古い名所と言えて、新しい顔”、“新しい内容”は人を喜ばせますと表しています。李秋林さんは関係部門が宣伝力を強めて、琅琊山という名刺をもっと明るくして、もっと遠くまで押してほしいと話しています。



調査に参加した老同志は盧傑三、黄忠先、華啓長、鄭伝新、任興華、華心祥、甘玉福、陳華福、項広華、李国華、唐伝龍がいます。