琅管理委員会は積極的に市の交通巡査支隊とドッキングし、観光地区東大門地区の車両管理を計画しています。

公開日:2018-11-04 ブラウズ回数:1702


11月13日午前、11月12日に市委員会常務委員、宣伝部長李樹によって調査し、琅管委の法律執行局局長、創城弁公室副主任王千兵率法律執行局、創城弁公室と市交警支隊が観光地の東大門区区域の車両管理を計画しています。


は展望路の交差点で、王千兵と市交巡支隊の二大チームの指導員の朱鵬は詳しく道を調べて、共に方案を相談して、全国文明都市の創建と国家5 A級観光地の創建はすべて展望路に対して車両管理を強化する必要があると思います。朱鵬は、この区間は土地によって適切な道路の両側を利用し、「漕ぎ尽くすべきだ」という原則を堅持し、駐車機能を充実させ、規範管理を加速させると提案しました。


王千兵と朱鵬一行はその後、琅琊山公墓の車両管理を現場指導しました。