感受琅琊
  • 琅琊山は東晋の元帝司馬叡王号で名声を得て、ジョ州市の南西に位置して、城山は一体となって、歴史の人文資源が豊富で、自然景観が優美で、“天下第一亭”の酔翁亭の所在地、国家級の景勝地、国家森林公園と国家初のAAAA級観光地です。 琅琊山は文化名山です。唐代から李幼卿、韋応物、欧陽修、蘇軾、曾コン、王安石、辛棄病、宋濂、王陽明、文征明などの多くの歴史上の有名人が文章の墨宝を残しました。観光地区には全国の重要文化財保護機関である琅琊山の懸崖石刻と碑彫刻(特に七つの唐代の懸...
    もっと見る
  • 琅琊山は安徽省ジョ州市に位置しています。昔から華東の名勝の地です。山には中国四大名亭の首酔翁亭と唐建古寺の琅琊寺があります。景色が綺麗で、古跡が多くて、全国ひいては全世界の観光客を引きつけました。一部の山東から来た友達はよく好奇心があります。この琅琊山の琅琊と山東の琅琊は何の関係ですか?これらは、琅琊山の山名の由来から言います。 琊の地名は一番早く山東省にあり、「琅邪」と書き、琊は邪の俗字である。春秋時代には,斉の国はかつて琅邪邑を設けたことがある。秦は琅邪県を置き、琅邪郡の治所となりました。西晋の末年まで着いて、八王の乱は爆発して、生霊は炭...
    もっと見る
走进琅琊
  • 蘇式飛軒亭閣、全木ほぞの卯構造、休山式、青瓦亭面、キス獣の伏尾根、彫梁画柱、十六本の柱が亭の頂を支えて、中間の4本の柱はジャカランダ聯を掛けています。 ジョ州酔翁亭、北京陶然亭、長沙愛晩亭、杭州湖心亭は「中国四名亭」で、「酔翁亭」は「天下第一名亭」という美名を持っています。 酔翁亭は北宋慶暦六年(西暦1046年)に建立されました。山中琅琊寺の僧智仙が欧陽修の学術文章と道徳人柄を敬い慕っています。その遊山のために興を助けて山麓に建設されました。欧陽修は号...
  • 野芳園は1985年8月に建てられました。北宋欧陽修の『酔翁亭記』の中の「野芳髪幽香」を意味します。総面積は約4200平方メートルで、蘇式庭園の建築スタイルは園内亭、堂、台、軒、廊下、拱橋、築山、曲径、芝生の背は青山に向いています。心斎賞、曲苑回廊、霞軒と朝光堂、碑廊などがあります。碑の廊下には有名人の貴重な詩文と書画の碑文が刻まれています。その中には中国共産党中央政治局の元常務委員、全国人民代表大会常務委員会の元委員長の喬石、全国人民代表大会常務委員会の元副委員長の李鉄映、有名な書家の沈鵬、典雅、陳大羽、頼少其...
  • 園名は欧陽修の『酔翁亭記』の中の「酔能同其楽」という意味です。 大門の西側の石に刻まれた書協主席の沈鵬書は「民と同楽」で、観光スポットは東西両院に分かれ、両院は亭廊で隔てられ、動静は適切である。 園内の真正面のがけの石刻に入って、それぞれ朱穆之が“尤聞酒香”を書いて、蕭閑は“本酒風流”を書いて、沈鵬は“清涼世界”を書いて、范はかつて“意不在酒”を書いて、蘇軾は琴曲“酔翁操”を作って、西側の崖の壁の上であります書道家の張凱帆の本“酔翁の意は酒になくて、山...
  • 20世紀の60年代の初めに建てられました。観光スポットは深秀湖、清風明月楼、蔚然亭から構成されています。深秀湖、蔚然亭という名前は全部「酔翁亭記」の中から出ています。「輪ジョ皆山也、その南西諸峰、林溝尤美、望の蔚然深秀者、琅琊也」です。深秀、蔚然はその中にあります。あずまや、湖はすべて琅琊古道の辺に位置して、湖水は琅琊渓から来て、水面の面積は約6000平方メートルで、澄みきっていて底を通して、湖の中にあります:九曲橋、湖の心亭、観光客は湖面を浮かべて、青い山を仰ぎ見て、緑の水を見下ろします;岸辺には水亭台
  • 全国の重点寺観の一つで、唐代の大暦六年(西暦771年)のジョ州は李幼卿と山僧法しんに刺されて建てられました。当時、李幼卿と仏しん坊は寺の草図を代宗に提出した前夜、皇帝の夢の中で寺の礼仏を見ました。翌日に図面を見ました。皇帝の大喜は夢の中の寺と一致しているといいました。後宝応寺は「勅賜琅山開化禅寺」と改名され、清朝嘉慶年間に皓清弁護士は「勅賜琅山開化律寺」と名前を変えました。弁護士とは、戒律を研ぐ法師で、琅琊寺は皓清弁護士から始まりました。1915年、達修弁護士が開化律寺を再建した後、山名が「琅琊寺」と呼ばれて今
  • 豊楽亭は琅琊山景勝地の最高海抜の豊山東北麓の幽谷にあります。安徽省の重点文化財保護部門であり、琅琊山国家重点風景名勝区の核心観光スポットの一つであり、面積は2.36平方キロメートルである。 山には有名な木種と漢方薬が数十種類あります。その中には数百年の古柏、古銀杏、古黄揚、古さくらんぼなどがあります。 長方形の三進亭院で、正門門門の額に嵌められていて、ジョが南太閤のたびに召された蕭崇業書豊楽亭。字は允修...
  • 古人が青石で舗装した道路で、酔っ払い亭が琅琊古寺に通じる通路であり、国内にも比較的に完全な古道が保存されています。古道の両側に山々が青々と連なり、古木が天に高くそびえ、秀竹が幽玄で、風景が人を引き付けます。
  • 南天門の海抜は317メートルで、「琅琊閣」、「碧霞宮」、「会峰亭」などの古い建築群があります。内閣に登って遠くを眺めると、「会当凌絶頂、群山小」が見られ、ここでは「千古奇観」「山市蜃気景」が見られました。1992年7月3日午後、中央テレビ「天下第一亭」の撮影チームが景勝地に出会い、貴重な資料を撮りました。
    畅游琅琊
    游玩指引
    游玩指引